へーベルハウス 坪単価 値引き

無料!各ハウスメーカーの間取りプランや費用総額がもらえます

いろんな間取りや価格などを参考にできて比較するにはおススメですよ♪

ヘーベルハウスの新大地の坪単価

ヘーベルハウスは大手ハウスメーカーの中でも、価格の高さではトップだと言われています。

 

 

 

へーベルハウスで建てられる人はどのハウスメーカーでも建てられるほど、価格の高さはトップなのです。

 

 

 

へーベルハウスは価格が高いだけではなく、構造がとてもしっかりしており安心感があると口コミや評価も非常に良い印象を受けます。

 

 

 

ハウスメーカーによってアフターサービスの対応には非常に差がありますが、へーベルハウスはアフターサービスも非常に迅速丁寧だという評判が多く見受けられます。

 

 

 

実際にへーベルハウスの家に住まれている方の評判も良いようですね。

 

 

 

品質やサービス、などさまざまな点で堅実、誠実なへーベルハウスですがやはり気になるのは価格です。

 

 

 

“ヘーベルハウスの家は価格が高い”という噂はホントなのでしょうか?

 

 

 

ヘーベルハウス『新大地』の価格について調べてみましたが、坪単価は70万〜80万円が相場といったところでしょうか。

 

 

 

やはり価格は高いですね。

 

 

 

ちなみにへーベルハウスでは建具、設備なども品質の良いものばかりで、あまり安いものがなかったという口コミ情報もあります。

 

 

 

設備の程度や基礎などで坪単価は異なりますが、坪単価は70万円代後半〜80万円ぐらいを目安と考えた方が良いでしょう。

 

 

 

坪単価以外に、地盤改良が必要になれば地盤改良費が発生しますし、その他の諸費用に加えエアコン代やカーテン代、引っ越し代、家具がなければ家具を揃えなければなりません。

 

 

 

建物の本体価格以外に、トータルで400万〜500万円くらいの諸費用が発生することもありますので総額でいくら必要なのかということもしっかりと把握しておいて下さい。


ヘーベルハウスのキュービックの坪単価

ヘーベルハウスの基本商品は3種類あります。

 

 

 

1.CUBIC

 

 

 

2.新大地

 

 

 

3.FREX

 

 

 

そして「二世帯住宅」「プラス・わん/プラス・にゃん」「天空子ども城」などのプランも用意されています。

 

 

 

へーベルハウスではキュービックが基本となっているようですが、キュービックの価格はどれぐらいが相場なのでしょうか?

 

 

 

キュービックの坪単価を調べてみました。

 

 

 

・2階建て⇒67〜75万円/坪

 

 

 

・そのらま+⇒75万円/坪

 

 

 

・3階建て⇒70〜80万円/坪

 

 

 

標準仕様からオプションに変更する場合は価格はどんどん高くなりますので、あくまで坪単価は目安程度になさって下さい^^;

 

 

 

坪数やオプションなどどのような条件で建てられたのか、詳しい情報が書かれていませんでしたが、

 

 

 

実際にへーベルハウスのキュービックで建てられた方の情報ですと、坪単価は75万円ほどだったそうです。

 

 

 

設備を標準仕様に抑え、余分な物を排除し、シンプルに作れば多少価格は抑えることができると思います。

 

 

 

住宅を坪単価で判断してしまいがちですが、坪単価以外の費用を全て含めて総額でいくらなのか?ということもしっかりと把握しておかなければなりません!

 

 

 

坪単価に惑わされずに、まずどんな家を建てたいのか?予算の範囲内で収まるのか?ということも考えておいて下さい。

ヘーベルハウスの3階建ての坪単価は?

土地が狭く仕方なく3階建てを検討される方もおられるかと思います。

 

 

 

一般的に2階建て住宅と比べて3階建て住宅は割高になると言われています。

 

 

 

仕様によって値段は様々ですから、一概に言い切ることはできませんが、3階建ての場合は建物の基礎段階から強度を強くする必要がありますし、仕様も異なり、お値段的にどうしても高くなってしまうのです。

 

 

 

そして構造や、規模などによっては価格が一気に高くなることもありますし、極小地だと坪単価は高くなります。

 

 

 

大手ハウスメーカーの中でもへーベルハウス、パナホーム、積水ハウスで建てる場合は坪単価が100万円を超えることもあると言われています。

 

 

 

ヘーベルハウスで3階建て住宅を建てる場合の価格やその坪単価はどれくらいが相場になっているのでしょうか?

 

 

 

ヘーベルハウスの3階建てには、重量鉄骨を構造とするフレックスがありますが、

 

 

 

その中に“FREX monado”や“FREX G3”といった商品が用意されています。

 

 

 

フレックスはシステムラーメン構造という独自の接合システムが採用されており、耐震性にも非常に優れているようですね。

 

 

 

へーベルハウスで建てる場合の坪単価は70万〜80万円が相場だと言われていますので、3階建て住宅の坪単価はこれ以上になることが予想できます。

 

 

 

へーベルハウスで3階建て住宅を建てる場合の坪単価は90万〜100万円、もしくはそれ以上必要になるということも充分に考えられますね。

 

 

 

へーベルハウスだけではなく、パナホームや積水ハウスなど複数社で見積もりを出してもらっておくといいですよ(* ̄ー ̄)

へーベルハウスの二世帯住宅の坪単価

親と子が同じ屋根の下で暮らしを育む二世帯住宅^^

 

 

 

へーベルハウスでは理想の親子同居を実現するために、二世帯住宅の研究にいち早く取り組んできた会社です。

 

 

 

二世帯住宅は防音問題や間取りなど、プライベートを確保しにくいですが、

 

 

 

へーベルハウスではそれぞれの世帯の独立性を尊重しながら最適な設計やプランを提供してくれると評判です。

 

 

 

二世帯住宅は防音対策が不十分で、その結果必要以上に干渉されてしまい以前よりトラブルが増えたり、喧嘩が増えたりといったトラブルが発生しやすいのも事実ですが、

 

 

 

へーベルハウスでは防音対策がしっかりしており、足音が響かないと聞いたことがあります。

 

 

 

実際にヘーベルハウスで二世帯住宅を建て、数年間住んでおられる方の口コミ情報によりますと、防音対策がしっかりしているので、足音などはほとんど気にならないそうです。

 

 

 

防音は外の音が聞こえないだけでなく、他階や隣の部屋の音もほとんど聞こえないようです。

 

 

 

防音に加え、基礎や躯体もしっかりしていると評判も比較的良いように感じますが、やはり大手のへーベルハウスで二世帯を建てるとなると気になるのは価格ではないかと思います。

 

 

 

2世帯住宅と言ってもプランは千差万別ですし、仕様にもよりますが玄関、キッチン、トイレ、洗面、風呂まで全て2つづつ造れば当然費用は高くつきます。

 

 

 

一番価格が高くなるのは、全ての設備を2つづつ造る完全分離タイプの二世帯住宅ですが、

 

 

 

リビングやキッチン、お風呂などのどこかを共有するタイプの二世帯住宅なら多少価格を抑えることはできると思います。

 

 

 

ですがどのような二世帯のスタイルで暮らすのか?ということをしっかりと話し合っておかないと、後々何かとトラブルも発生しやすいです^^;

 

 

 

プライベートな空間をしっかりと確保できるように間取りなどはじっくりと考えられた方がいいですよ^^;

 

 

 

へーベルハウスに限らずに大手ハウスメーカーでは大抵無料でプランニングしてくれますから、何社かで見積もりやプランを出してもらっておくことをお勧めします(・∀・)


ヘーベルハウスのフレックスの坪単価

ヘーベルハウスのフレックスは、3階建てのみならず4階建てにも対応しています。

 

 

 

都会で土地が限られている場合は、高さを利用した3階建てや4階建て住宅を、、という選択肢になると思いますが、3階建てや4階建て住宅となると、耐震に優れているのか、建物の強度は丈夫なのかということも心配になりますよね。

 

 

 

へーベルハウスでは耐震対策として、重量鉄骨ラーメン構造や制震ダンパーフレームなどで対策されています。

 

 

 

実際にヘーベルハウスのフレックスで建てられた方の口コミですと、狭い敷地の中でもその土地をいかすプランを提供してくれたり、比較的自由度が高い設計で要望なども結構取り入れてもらえたという情報もあります。

 

 

 

しかしヘーベルハウスの3階建てや4階建てを建てる場合は、価格や坪単価が高いという口コミが多いのも事実です^^;

 

 

 

一般的に2階建て住宅と比べて3階建て住宅は割高になると言われています。

 

 

 

仕様によって値段は様々ですから、一概に言い切ることはできませんが、3階建ての場合は建物の基礎段階から強度を強くする必要がありますし、仕様も異なり、お値段的にどうしても高くなってしまうのです。

 

 

 

そして構造や、規模などによっては価格が一気に高くなることもありますし、極小地だと坪単価は高くなります。

 

 

 

大手ハウスメーカーの中でもへーベルハウス、パナホーム、積水ハウスで建てる場合は坪単価が100万円を超えることもあると言われています。

 

 

 

ちなみにヘーベルハウスはあまり値引きや割引きをしないハウスメーカーとして有名ですね^^;

 

 

 

基本的にへーベルハウスでは一切値引きに応じてもらえないと思っておいた方がいいかと思います。

 

 

 

値引きはありませんが、ヘーベルハウスはすでに建てた人に紹介してもらうとサービスやおまけを付けてくれるという情報があります(・∀・)

ヘーベルハウスの値引き率の目安は?

ヘーベルハウスは価格が高いハウスメーカーだと言われていますが、値引きによって少しでも購入価格を下げることは可能なのでしょうか?

 

 

 

ヘーベルハウスの値引き事情について調べてみましたが、あまり値引きや割引きは期待しない方がいいハウスメーカーなようですね^^;

 

 

 

ヘーベルハウス以外にも積水ハウスや住友林業などの大手も値引き交渉は非常に困難だと言われています^^;

 

 

 

実際にへーベルハウスで見積もりを取られた方の情報ですと、

 

 

 

キャンペーン中と言われ、『今月ならモニター価格でいけます』と見積もりを出してもらったそうですが、それでも価格は高かったので、諦めていたら更に値引いてくれたようです^^;

 

 

 

最初の見積もりは一体何だったのでしょうか^^;?

 

 

 

一般的に値引きを行っているハウスメーカーでは5%前後の値引きが目安になっており、

 

 

 

頑張って8%程度の値引きはあるようですが、10%以上の高額値引きには注意しなければなりません^^;

 

 

 

しかしメーカー側の都合やタイミングによっては値引き額を通常より引き上げてくれる時があります。

 

 

 

他のメーカーと競合させたり、会社自体が不景気で数字をのばしたい時に通常ではあり得ないような驚くほどの値引きが行われることもあります。

 

 

 

また月末はその月の売り上げ成績が悪かったり、目標を達成してない営業マンが担当になると値引き交渉には非常に有利ですが、こればかりはタイミング次第かと思います^^;

 

 

 

ですが、注文住宅には定価はなくその値引き額が適切なものなのか?という判断は難しいですし、見積りは適当につくることも可能なので、値引きが当てにならないこともあります^^;

 

 

 

1社だけの見積もりではその値引き額が適切なものかという見分けもつかないですし、各社で見積を出してもらい比較しておくことをお勧めします(* ̄ー ̄)

ヘーベルハウスの値引き交渉の方法

ヘーベルハウスの価格は大手ハウスメーカーの中でも高いと言われているうえ、へーベルハウスは値引きにも非常に厳しいハウスメーカーだと言われています。

 

 

 

へーベルハウスに限らずに基本的に値引きに応じないハウスメーカーはいくつかありますが、値引きを行っているハウスメーカーでは5%程度の値引きが目安だと言われています。

 

 

 

へーベルハウスでは値引き交渉を行っても基本的には応じてくれないようです^^;

 

 

 

へーベルハウスの社員割引だと3%くらいの値引きが行われるようですが、それ以上の値引きは社員でも厳しいようですね^^;

 

 

 

一般的に他のハウスメーカーと競合させると値引き交渉に有利だと言われていますが、やや強気の売り方をするへーベルハウスの場合はこの交渉方法は通用するのでしょうか^^;?

 

 

 

値引きが厳しいハウスメーカーでは強引な値引き交渉は避けた方が無難かと思います。

 

 

 

細かい仕様を決定する前に値引き交渉を行うと、値引きを行ったかのように見せかけて仕様のランクを下げる可能性も否定できませんし、どこかでこっそり手を抜く可能性も否定できません^^;

 

 

 

家は一生に一度であろう大きな買い物ですし、簡単に買い替えることはできません。

 

 

 

あまり大きな値引き要求は控えた方が無難ですよ。

 

 

 

多少の値引き交渉も必要ですが、アフターケアなど長い付き合いになるメーカーですので、お互いに気持ちよく取り引きすることも大切ですね^^

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では無料でハウスメーカや工務店の間取りや支払総額が比較できますので、これで他社の値段を事前に知っておいて、

 

 

値引き交渉に挑むと効果的ですよ。

 

 

また、他社の間取りも無料でもらえるので、失敗しない間取りづくりができますね。

 

 

タウンライフで資料請求するのに向いている人

 

●いろんなハウスメーカーの間取りプランや総額表が欲しい

 

●気になるハウスメーカーはあるけれど、展示場に行くのは面倒。。

 

●注文住宅を建てる流れを掴めていない

 

●来年の消費税あがる前に、そろそろ動き出したい

 

●まだ何も考えてないが、とりあえず資料がほしい

 

●値引き交渉に使いたいので、他ハウスメーカーの総額表もほしい
etc...

 

 

などなど、一生に一度の大きな買い物ですので色々な悩みなどもあると思います。

 

 

失敗しないで家を建てるには、ハウスメーカーごとの構造や価格、間取りなどが異なるため、まずは資料請求であなたのイメージにあった住宅を建ててくれそうなところを探すのがベストです。

 

 

「タウンライフ家づくり」では、それが可能です。1度の入力(約2〜3分)で、各ハウスメーカーの資料請求が無料できるため、忙しい方にも人気のサービスです。

 

 

本日現在、累計112万人の方に利用されているのも信頼の証ですね

 

さらに、今なら、「成功する家づくり7つの法則」の小冊子も貰えます

 

下記のボタンで公式ページへ移動します↓

 

page top