へーベルハウス 耐震性能

無料!各ハウスメーカーの間取りプランや費用総額がもらえます

いろんな間取りや価格などを参考にできて比較するにはおススメですよ♪

ヘーベルハウスの耐震性能はどうなの!?

ヘーベルハウスというと鉄骨造なので、それだけで地震には強いというイメージがありますが、

 

 

 

最近は本震のような余震が続いたり、液状化現象で家が傾いて住むことができなくなったりと、とかく想定外のことばかりが起きています。

 

 

 

このような災害に遭っても家がしっかり建っているというのは心強いものです。

 

 

 

 

ということでヘーベルハウスの耐震性能はどのような性能なのか調べてみました。

 

 

 

 

ヘーベルハウスは「ハイパワード制震ALC構造」を採用しています。

 

 

 

 

この構造は制震フレーム「ハイパワードクロス」と「剛床システム」を組み合わせたもので、地震エネルギーを吸収して受け流すシステムです。

 

 

 

 

 

地震エネルギーを吸収して、受け流すというものはどういうことなのかと調べてみたら、

 

 

 

 

元々高層ビルの制震装置として採用されていたオイルダンパーを、住宅用にカスタマイズしたものだとわかりました。

 

 

 

 

 

この装置は「サイレス」というもので、地震で建物が揺れるとオイルダンパーのロッドが作動して、

 

 

 

 

 

内部に充填されているオイルの圧力で生まれる抵抗を利用して、揺れを最小限に抑えるというシステムです。

 

 

 

 

 

このサイレスは揺れが激しければ激しいほど、減衰力が強まるように設計されているので、地震の大小を問わず吸収して受け流すというわけです。

 

 

 

 

2015年、防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センターにある世界最大の実大三次元震動破壊実験施設で、

 

 

 

 

 

同一の実験体に東日本大震災、阪神淡路大震災等過去に実際にあった大地震を始め、首都圏直下型地震、南海トラフ地震等今後起きるかもしれない大地震を加えた10種類の地震の揺れで実験しましたが、

 

 

 

 

 

構造躯体や外部・内部も大きな損傷はなかったとのことです。

 

 

 

 

 

またオイルダンパーのサイレスも、全ての揺れに減衰の効果をみせました。

 

 

 

 

 

その他にもヘーベルハウスのヘーベルは耐火性に優れているので地震後の火事にも耐えることができ、

 

 

 

 

 

また住宅を建てる際には徹底的に地盤調査を行い、軟弱な地盤には最適な地盤改良を施すため、液状化現象にも対応できるとのことです。

 

 

 

 

 

このように地震に対して徹底的な対応策をとっているので、「地震に強い」と言えるのだと思います。

 

 

 

 

へーベルハウスの坪単価と値引きのTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




関連ページ

ヘーベルハウスのメリット
へーベルハウスのメリットについて紹介しています。
ヘーベルハウスのデメリット
へーベルハウスのデメリットについて紹介しています。
ヘーベルハウスの断熱性能
へーベルハウスの断熱性能について紹介しています。
へーベルハウスの寿命
へーベルハウスの寿命について紹介しています。