へーベルハウス 維持費

無料!各ハウスメーカーの間取りプランや費用総額がもらえます

いろんな間取りや価格などを参考にできて比較するにはおススメですよ♪

ヘーベルハウスの維持費について

新築後、家を維持していくためにはそれなりの費用が発生します。

 

 

 

まず、固定資産税や都市計画税などは住宅を購入すると、必ず納めなければならない税金ですし、月々の光熱費も必要となってきます。

 

 

 

そして、長く家を維持していくためには当然メンテナンスも必要となってきます。

 

 

 

メンテナンスをされるタイミングなどは担当者に勧められて、壊れるまでなどそれぞれだとは思いますが、メンテナンスの目安として外壁の場合は15年前後での塗り替え、屋根の場合は20年〜30年程度での吹き替えが目安となっているようで、家を維持していくには何かとお金がかかります。

 

 

 

へーベルハウスではロングライフ住宅に定評があり、ロングライフプログラムといった60年の点検プログラムや、30年の無償点検などの制度が導入されています。

 

 

 

そして、30年後にどれぐらいのメンテナンス費用がかかるのかを公表されているところも好感が持てるのですが、一方でへーベルハウスの家は維持費がかかる、30年無料保証ではないことを指摘する声もあがっています…。

 

 

 

中には、ヘーベルハウスの営業マンから、『30年外装塗装、屋上防水はもちます』と言われ、その分メンテナンスの費用が削減されるため新築時の価格が高くても、トータル的にお得だとの説明を受けられた方もおられるようです。

 

 

 

確かに30年間何もメンテナンスが必要なければ、そういう計算も成り立つのですが、
ヘーベルハウスのALCは水を吸いますので、メンテナンスをしないと雨漏りが目立ち始めるそうで、やはり家を維持していくにはそれなりの費用が必要なようです。

 

 

 

 

ちなみに、10年目に塗装の塗り替えを勧められ、行われた方の情報では200万円を超える費用だったそうです。

 

 

 

 

その後も10年ごとにメンテナンスを行われているようで、その都度200万円との書き込みがありました。

 

 

 

 

担当者による説明では『メンテナンスをしておかないと将来の持ちが違う!』と説得されて、定期的なメンテナンスを行われているようです。

 

 

 

 

10年、20年も経つと防水シートの貼り替えや壁の塗装が必要となってきますので、購入後のメンテナンス必要についてもしっかりと考えておく必要があります。

 

 

 

へーベルハウスの坪単価と値引きのTOPへ戻る

<スポンサードリンク>